【簡単】餃子の材料のアレンジ(余った場合はどうする?)

2018.12.12 Wednesday

0

    餃子の材料が余ってしまう事ってありますよね。餃子以外にアレンジして美味しく食べれる方法を紹介します。

    実際に、餃子屋をやっていてmenuに出しているものなんかもあります!是非、ご家庭でもやって見てください。

     

    餃子の餡が余った場合のアレンジは、


     

    『餃子屋さんの麻婆豆腐』

    余った餃子の餡で麻婆豆腐

     

     

    フライパンで炒めて、味噌、豆板醤、豆腐を合わせるだけでOK。

    餃子の餡に下味がついているので、味付けも簡単。最後に片栗粉でとろみをつければ出来上がり!

     

    ある意味、もう一品作る為に餡を余らせておく事も◎!!

     

    餃子の皮が余った場合のアレンジは、


    『餃子の皮のパリパリクリームチーズとはちみつ!』

     

    余った餃子の皮でワインのおつまみ

     

    餃子の皮を180℃の油で2〜3分揚げます。ポイントは軽く色着いたら早めにあげましょう。そうしないと油から上げてからさらに揚げ色が濃くなります。

    パリパリにあげた餃子の皮にクリームチーズをのせて蜂蜜をかけて食べたらワインに合うおつまみになります。

     

    また、餃子の皮のパリパリは、サラダに使ったり、ディップしたり意外と使えます。2〜3日中に食べましょう。

     

    餃子の餡が余った場合のアレンジは、

     

    『台湾ミンチ』

    余った餃子の餡で台湾ミンチ

     

    フライパンで炒めて、豆板醤とオイスターソース、砂糖で味を調えたら最後にごま油で仕上げます!

     

    ご飯に乗せて食べてもよし!

    ラーメンに乗せててもうまい。

    冷奴に乗せて、さらに一品。

     

    生玉子との相性も抜群です!

     



    まとめ

     

    いかがでしたか?

    もう一品、食卓に並びそうですか?

     

    今回は、餃子の材料のアレンジ(余った場合はどうする?)というテーマで書いて見ました。

    541+でも、食べれるメニューありますので是非食べに来ていただければと思います^_^

     

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    大阪餃子専門バル 541+(コヨイ)

     

    大阪市西区新町1-14-2 新町中央ビル1F

    06-6567-8671

    定休日:不定休

    営業時間:

    昼・坦々麺専門

    平日11:30-14:00(L.O.13:30 麺無くなり次第終了)

    夜・餃子専門バル

    18:00-24:00(L.O.23:00)

     

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【簡単】おいしい餃子のレシピ(白菜で)

    2018.12.09 Sunday

    0

      ご自宅でできるおいしい餃子のレシピ(白菜で)や

      ちょっとした豆知識をご紹介していきたいと思います。

      餃子屋さんだから知ってるコツを小出しにしていきますね!!

       

       

      ★印が、ポイントです!是非、試してみてくださいね^ - ^

       

       

       

      一応簡単な材料の紹介をしていきます。

      ご家庭で作りやすい材料にしています^_^

       

      【材料】

       

      豚ミンチ

      ★スーパーで買ってきた豚ミンチも良いのですが、豚肩ロースと豚バラを割合は半々で、

      り包丁やチョッパーで家でミンチにするとさらに美味しくなります!

       

      A.

      中華だし顆粒

      ホワイトペッパー

      醤油

      料理酒

       

      ラードまたはごま油

      ★しっかりとした旨味が欲しい時はラード、あっさりと仕上げたい時はごま油がオススメ。

       

      おろし生姜

      (おろしニンニク お好みで)

      ★ベースの餡なのでニンニクなしで作ったほうがいいです。

      小分けにして冷凍庫に入れても、ニンニク臭が残ります。

       

      B.

      白菜またはキャベツ

      ニラ

      玉ねぎ

      豆腐

      もやし

       

       

      細かい分量は、coming soon!

       

      【下ごしらえ】

       

      白菜を大きめのみじん切りにします。

       

      白菜を塩もみして30分ほど置いておきます。キャベツの場合も同じです。

      水洗いして、絞ります。

      写真は白菜3玉分絞ってほぐしたものです!

       

      にら、玉ねぎは、小さめに切っておきます。

      もやしは下茹でして粗熱を取り大きめのみじん切りです。絞ります。半分水分を抜いた感じの仕上がりまでしぼります。

       

      豆腐は、木綿の豆腐の場合、重しをして水を切っておきます。絹ごし豆腐の場合はレンジで軽く温めてから重しをして水を切ります。

      ★豆腐を入れることで仕上がりの食感が柔らかくなります。豆腐の分量で調整してください。

       

       

      ★まず大切なのは、豚肉に下味をきっちりとつけることです。豚肉にAの調味料を入れて、短時間で混ぜ合わせます。何故かと言うと、豚肉の温度が上がってしまうとお肉の中の水分量が減ってしまいジューシーな仕上がりになりません。なので、調味料を入れたら短時間でしっかりと混ぜあわせましょう。

       

      そこに野菜や豆腐のBを入れて、さっと混ぜ合わせます。基本的に肉とBの割合は1対1です。

       

      ★混ぜ合わせた餡は、小分けにして冷凍してしまうのがお勧めです。

      使う分だけ解凍して包んで食べるのがオススメです。

       

      また当日そのまま使う分は冷蔵庫で2〜3時間寝かしてから使いましょう。

       

       

       

      大阪餃子専門店541+ | 大阪本町・心斎橋の餃子専門バル

       

       

       

       

       

       

       

       

      12月おやすみ

      2018.12.03 Monday

      0

        12月お休み

         

        2日

        3日臨時休業しました。ごめんなさい。

        10日

        16日

        24日

        30日

        31日

         

        2019年

        1月

         

        1日

        2日